いろいろあるよね

5a6557abbdc746f122be1d2cb16e1955_s

ここ数日、仕事の面でとても大きなできごとがあり、これからたぶん大変なことが起こるかもしれないと言う予感がしています。在宅ワークを初めてすぐ、今のお仕事を初めて、ほぼそれを中心にやってきたのですが、考えてみればこれってこの業界では珍しいのかも。これまでがラッキーだったと考えるしかなさそうです。

最初の頃、「この仕事、いいな~」と思った仕事に限って、すぐになくなったり、その時だけだったりと言う経験を何度かしました。でも、その後はずっと継続のお仕事を続けてきたので、もしこれが無くなってしまうとかなり大きい… 無くならないまでも大幅縮小の可能性や業務内容がまったく変わってしまう可能性もあるので、今後の状況によっては自分にとっておそらく厳しい状況になると思います。

ただ、今後の業務内容によっては、その部分のお仕事については「断る」と言うことを考えています。これまで「断る」と言うことは苦手でしたが、言われたことをほいほい(?)引き受けて「いいように使われる」のはもう御免です。これまで、仕事だけでなくプライベートでもそれで辛い思いをしてきたので、会社を辞め、在宅のお仕事を始めてからは「断る」ことを重視しています。短期的に見たら損なように見えても、長期的にはその方が自分にとってはずっといい結果になるのは経験済み。いくら仕事でもスキルアップにつながらず自分が消耗するだけの内容ならする意味はないと思っています。

とは言え、そんなことを言っていられるのは、やはり恵まれているとも思います。ただ、それができる今、「自分をダメにするような」ことは、たとえ仕事であってもする必要ない、とも。そんな時代を長く過ごし、それをせずに済む今、「我慢すべきこと」と「そうでないこと」はやはりあると感じています。

ここ数日、周囲に起こる劇的な変化の中、それでも妙に冷静でいられたのは、やはりいろんな意味で気持ちの余裕が持てているから。「なったらなったでしょうがないよね」と言う感じです。自分の努力でどうにもならない問題を考えてみたところで仕方がないですよね。

当座は劇的に面倒な仕事が増え、その後はどうなるかわからない、と言うのが今の現状。ただ、そんな中でもある程度割り切ってやっていくつもり。できないことはできないし、やる必要のないことを無理してやる気もないですね。

以前は、こんなとき無理してでもやっていたものですが、今はもうそれはしないと決めました。それもまた結局は「相手」次第。そんな気持ちになれたのも、ある事件(?)がきっかけですが、それもまた悪いことではなかったと今は考えています。

いよいよ今日から12月。この一ヶ月はたぶん大変なことになると思いますが、自分を大事にやって行きたいと思います。

コメントを残す