寝坊した朝

cc0de62f5bfa7311da0e05dfe592b71d_s

今日はベッド抜け出したのが10時を過ぎていました。その少し前から目は覚めていたのですが、実際に起きたのはそんな時間。完全に朝寝坊ですね。確かその前に一瞬目が覚めたような記憶はあるのですが、「いいや、今日はゆっくり寝ちゃおう」と思ったような… いつもなら「あ~あ、こんな時間になっちゃって…」などと思ってしまうのですが、今朝は不思議と罪悪感はなく、「ゆっくり眠れた」と言う感じ。昨日はそれほど遅くまで起きていたわけではないので、たくさん飲んだビールの効果と、先週はほぼ思い通りに仕事が進んだからだと思います。

いつもよりゆっくりなので暖かい朝。起きだしてからはいつもよりややアクティブで、短かった午前中も少しは進んだ感じです。時間の長さだけでなく「密度」も大事なんですね。仕事は「体積」なので、縦が長くても低面積が狭ければトータルの量は減ってしまいます。低面積を広げることでトータルの仕事量を増やすことが最近の私の目標。今朝は少しだけ「やればできるじゃん!」みたいなハイな気分です(笑)

11月も上旬は終わり、来週からは後半戦に突入するわけですが、今年いっぱいで自分なりのやり方を確立(って言うと大げさですが…)したいところ。年末年始だからと言って特に予定があるわけでもないですが、来月はやはり多少ペースダウンしてしまう気がするので、今月で自分が「どれくらい」できるのか試してみたい気分なんです。こんな気持ちになったのは久しぶり。その前になんだかとっても気分が落ち込むことがあって、でも、逆にそのことがきっかけで気持ちを切り替えることができたのは自分にとって大きな収穫でした。いいことも悪いことも、それ自体に色はなく、もしかしたら自分の気持ちの持ちようで変わることも多いのかも知れないですね。

とは言え、家族を亡くしたり職を失ったりと言うのは、やはり事実そのものに大きな悲しみや生活の激変が伴うのは事実。ただ、それを乗り越えるためには、自分の気持ちと支えてくれる人たちの存在が大きいのかなと思います。大きな悲しみを乗り越えたら、目の前に違った景色が見えてくるのは、何度か経験済み。そのたびに誰かに助けられて、今があるのだと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。

このお仕事を始めたころは、300字の記事を書くのも結構大変だったことを思い出します。1000字と言えばかなりの量だと感じていましたが、最近は10000字を超える記事を書くこともあり、「やっぱり慣れって大きい」と実感しますね。今日はゆっくり寝たので、午後はいつもより集中できるはず。この週末もいい週末にしたいと思います。

コメントを残す